滋賀中国語教室

(日中文化サロン守山)

研究課題/所属学会

『中国帰国生徒の日本語教育』、『虹影作品の価値とその評価』、『魯迅と蕗谷虹児』、『魯迅の翻訳論とその実践』など。

日本中国学会、中国言語文化研究会、中国児童文学研究会、日中児童文学美術交流センター


翻訳出版
原作:今関信子 童心社出版 1987年 定価1240円
中国語版2018年《小狗裁判开始了!》劉穎訳
北京華夏出版社 ご購入 定価¥32元
https://www.amazon.cn/dp/B07CCFRZCX
http://product.dangdang.com/25260560.html

本書は、滋賀県内と湖南省図書館に寄贈し、収益の一部は中国貧困地域児童に寄付された。翻訳出版で、両国の優れた作品を紹介していく活動を展開中!
ビジネス投資、国際交流、出版関係、教育界の皆様、ぜひご協力ください。詳しい内容はこちら:课题图书的翻译出版(日本滋贺 刘颖)

翻訳者・劉穎と 原作者・今関信子先生

県庁へ翻訳出版報告・三日月知事と

湖南省図書館で翻訳本の贈呈式


「あなたが作る人生のストーリー」翻訳家・劉穎
http://www.s-i-a.or.jp/references/mimitaro滋賀国際協会『みみタロウ』129号
守山の翻訳家劉さん、今関さんの書籍翻訳「児童文学で日中交流を」
https://www.sankei.com/region/news/180511/rgn1805110023-n1.html(産経新聞2018.5.11)
中国語教師が地元作家の児童書翻訳 滋賀、小犬めぐる物語(京都新聞2018.5.23)
https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20180523000102



世界平和を願い、自然と共存する生き方を模索し、見本を持って私たちに道筋を示してくださった「アイトワ・森孝之先生」の新書を紹介します。 アイトワ:愛とは、愛と環、愛永遠 自然計画:https://aightowa.com/

『未来が微笑みかける生き方~AI時代の自給自足』 出版社: 亥辰舎2019
森孝之(著) 中国語訳:劉穎、英訳:Elizabeth Armstrong,喜田真弓  ¥1,944(税込)
現代社会の中で自分の生き方に迷う人へ、破綻しつつある工業文明に翻弄されず心豊かに暮らす思考のヒントがこの本にある。
日本語・英語・中国語の3か国語併記。 本の詳しい情報はhttps://aightowa.com/archives/811   ご購入はhttps://www.amazon.co.jp/